権利の伝授

フランチャイズという言葉はよく耳にしますが、イマイチ内容がわからない。
何がどうなっているかというと、適切な日本語に直訳すると、経営や営業のスタイルを利用する権利と言うものです。

◯◯会社◯◯支店というと、大きな会社があって、その支店であることで、会社としては同じであることは理解できます。
しかし、フランチャイズの場合は、◯◯フランチャイズではなく、各自独立した会社や店の経営であり、同じ社名にはなりません。
ですから、看板は違っていて、店内のディスプレイも違うけれど、同じフランチャイズであるケースも出てきます。

フランチャイズのてっぺんの会社Aがあるとします。
そこでフランチャイズとして加盟店を募集して、Bという会社が加盟したとします。
Bは、Aに対して、加盟店やロイヤリティというものを支払うことで、A会社の経営ノウハウを利用することができ、経営などの経験かなくてもすぐに営業ができることになります。

個人で全てを行うのではなく、Aの指導をそのまま使用しても良いことで、Bはマニュアルを入手して仕事ができることになります。
このようなBのような会社がたくさん集まることで、フランチャイズチェーンになっていくことができます。

この場合、Aは黙っていても店は増えますし、Bは何も知らなくても経営ができるという利点になります。
フランチャイズで店を始めるということをよく耳にしますが、ノウハウを得られるのは大きなメリットです。